水景の雑記帳

雑談多めの「深く考えない脊髄反射的な」ブログ。ほどよい息抜きに。

音階、言えるかな?

 

 職場のある社宅に居を移した私ですが、

 どうしても楽器だけは手放す気になれず、持ってきちゃいました♫

 

 周りにバレない程度に練習続けていきます。

 さずがにドラムは持って来れなかったけど...

 

 

 今、お部屋に手持ちの楽器は

 ・バイオリン

 ・電子キーボード

 ・カリンバ

 ・ハープ

 この4種類。

 

 どれも、メロディ楽器ばかり。

 そんなメロディ楽器には嫌でも絶対に覚えねばならないこと。それは、音⭐︎階!!

 

 

 音階は、メロディを作っていく上で、絶対に外せない超重要な要素。

 これ、一音ミスっただけで、すぐにわかっちゃうし、ダサくなるしで、

 演奏する時には、おそらくプロでもかなり気を遣ってると思います。

 

 

 1 音階とは

  音階は、書いて字のごとく、「音の階段」のイメージです。

  譜面に起こすと、わかりやすいのですが、

  例えば、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シと譜面に音符を置くと

  階段状にだんだん上へ上へ上がっていく譜面になります。

 

  ピアノなどの#(半音)がある楽器でも、同じことで

  ド・ド#・レ・レ#・ミ・ファ・ファ#・ソ・ソ#・ラ・ラ#・シ

  と音符を置くと、やはり階段状の形になります。

 

  基本的に、ド〜シまでの音を「1オクターブ」といい、

  基準となる音域で弾きにくいなどの問題があれば、オクターブを上げ下げして

  奏者の技量に合わせた譜面を作って練習することになります。

 

 

 2 一般的な音名

  音階の中で、何の音なのかわかるように音に名前をつけたものが音名です。

  一般的には、やはりドレミでしょうか。

 

  ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ (1オクターブ)

 

  有名な話ですが、ドレミはイタリア語由来の言葉です。

  他にも、ピアニッシモ、クレシェンド、ダ・カーポフェルマータなどなど

  音楽用語にはイタリア語がいっぱい。

 

 

 3 欧米的な音名

  同じヨーロッパ圏でも、イタリアから外に出ると、音名も様子が違います。

  ドレミと同じ並びで書くと、

 

  C・D・E・F・G・A・B

 

  とアルファベット表記なのです。

 

  ギターをやっていたり、クラシックが好きな方なら違和感はないと思います。

  Cコードとか、Fコードとか、Cdurとか、Cメジャーとか

  その世界ではまぁまぁ出てくるワードなのですが、

  厄介なのが、国によって「発音が違う」のです。

 

  英語圏では、普通に読めばいいのですが、

  ドイツでは、Cはツェー、Dはデー、Eはエー、Gはゲー、Aはアー、Bはベー

  フランスでは、Cはセー、Eはウー、Gはジェーとか、

  ギリシャでは、オランダでは、と欧州の音楽大国だけでも

  アルファベット読みは何パターンもあって、語学能力がかなり求められます...

 

 

 4 日本的な音名

  最後に、日本固有の音名も紹介しておきましょう。あまり使わないけど...

  これもドレミに当てはめると、

 

  ハ・ニ・ホ・へ・ト・イ・ロ

 

  と、「色は匂えど」「いろはにほへと」順の音名なのです。

 

  たま〜に、クラシックとかで

  ニ長調とかト短調とか言いますが、これに使うくらいなのと

  

  それから、譜面の最初に書いてある

  これ → 🎼

  「ト音記号」と日本では呼びます。

  (たまに「トーン記号」と間違えて覚えてる人もいるそうですが、「ト音」です)

  これは、曲全体のベース音が「ト」(ソ)だよという意味で覚えるらしいのですが、

  私は、面倒なので、譜面の5線の2線目がト(ソ)と覚えてます。

 

  ちなみに、ドレミやABCの音階で譜面を書く時は、#や♭で済む記号も、

  イロハ表記だと、#は「嬰(えい)」、♭は「変」と書かれており、

  ド#だと「嬰ハ音」、ミ♭だと「変ホ音」なんて表記になって

  非常にややこしいことこの上ない譜面になります笑。

 

  こんな譜面、一度見たら、絶対笑う。笑った後には、絶望しかないけど...

 

 

 

 

  途中、ちょっとややこしやな話もありましたが、

  ぶっちゃけた話、楽器を趣味程度で演奏するなら、音階さえマスターすれば

  あとはどうにでもなります。

 

  リズム(律動)とか、ハーモニー(和音)とか、ベース音とか、

  他にも色々と曲を形作っている要素はたくさんありますが、

  正直、メロディさえ演奏できればアマチュアなら満足できるので、

  まずは、メロディを作っている音階をマスターしようねという提案でした。

 

 

 

  ポケモンは16種類のタイプに1000匹超のポケモンの知識がないと

  遊べないのに、音楽はたったこれだけで遊べるんです♫

 

  ポケモンスカーレットのゲーム仕様の進化っぷりについていけずに

  ジムバッジ1個で挫折した哀れなポケモンゲーマーが拗ねた結果ですw