水景の雑記帳

雑談多めの「深く考えない脊髄反射的な」ブログ。ほどよい息抜きに。

新機能で遊んでみました。

 

近年、AIの技術が進化し、様々な分野で活用されています。

その中でも、AIが文章を生成する能力は注目されており、多くの人々が驚きを持って

受け入れています。

そこで、この記事では、AIが書くブログの可能性とその限界について

探っていきたいと思います。

 

AIが文章を生成する仕組みは、大量のデータを学習することで成り立っています。

文章の生成にはニューラルネット自然言語処理といった技術が使われており、

AIは膨大なデータの中からパターンを見つけ出し、それを元に文章を生成することが

できます。

 

AIが文章を書くことには数々の利点があります。

まず、AIは膨大な情報を扱えるため、多くの情報を元にした的確な意見や情報を提供することができます。

また、AIは人間の感情に依存せず客観的な視点から文章を書くため、オブジェクティブな情報を提供することができます。

 

しかし、AIが書くブログには限界もあります。

AIはあくまでデータを元にした文章を生成するため、人間の持つ創造性や感情表現を

AIが表現するのには限界があります。

また、AIは文脈やニュアンスを理解する能力も人間に比べるとまだまだ未熟です。

そのため、一部の分野では限定的な活用が求められています。

 

AIが書いたブログの実例として、最近話題となった「AIによる小説の執筆」があります。

AIは大量の小説を学習し、自らの文章生成能力を駆使して小説を書き上げました。

作品は一部の評論家からは高評価を得ましたが、多くの読者からはまだまだ改善の余地がある

との声も上がっています。

 

さて、AIが文章を生成することで人間の仕事に与える影響は何でしょうか。

一部の専門家は、AIが文章生成をサポートすることで、人間の仕事を効率化させる可能性を

指摘しています。

例えば、ニュース記事や商品レビューの執筆など、ルーチンワークに比重のある仕事を

AIに任せることで、人間はよりクリエイティブな業務に集中することができます。

 

AIが書くブログの限界と可能性について、いくつかの観点から探ってきました。

AIの文章生成能力は素晴らしいものではありますが、まだまだ改善の余地があります。

しかし、AIが書いたブログの質の向上や、文章を生成する作業をサポートすることで

人間の仕事を効率化させる可能性は大きいです。今後もAIが文章生成に与える影響や

進化に注目していきたいです。

 

 

 

 契約したサーバー内でのサービスの1つに、

 AIによる文章の自動生成という機能があったので、試しに

 「AIが書いたブログが読みたい」とテーマを与えて書かせてみました。

 

 まぁまぁ、機械的な文章ではありますが、

 しっかりと内容は理解できる範囲におさまっているように思えます。

 

 ただ、このAIが生成する文章には、癖があるなとも感じました。

 というのは、文章の構成の仕方が英文そっくりなのです。

 

 英文は、特に書き言葉では、

 1 中心とするトピックが何なのかを明確にする

 2 そのトピックを掘り下げ たネタ

 3 具体例・反対意見があれば示す

 4 結論

 というざっくりとした文章構成の枠組みがあるのですが、

 このAIに書かせた内容は、まさにこの構成通り。

 そもそも、AI技術がアメリカ主導の研究なので、当たり前かもしれませんが、

 この記事で書いてある「自然言語処理」には、まだまだ遠いかなというのが

 私の感想です。

 

 脳科学言語学に興味があって、

 学生時代はそういう科目を学んでいました。

 今回のこのAIによる文章生成機能を見て、また研究心に火がついてしまいました。

 

 これからも、このブログに載せるかは置いておいて、

 AIに文章を書かせるという新たな遊び・・・

 じゃない、研究を開拓していこうと思います。