水景の雑記帳

雑談多めの「深く考えない脊髄反射的な」ブログ。ほどよい息抜きに。

私の特殊能力

 

 私の人よりも自信のあること3つ。

 

 1 鼻が利く

   犬並みの嗅覚とよく言われるほど、鼻の利きには自信あります。

   「風の匂いが変わった」と「犬夜叉」の殺生丸が言うように、

   私も「風の匂いの変化」には敏感です。

   自室にいても、匂いでその日の夕飯を言い当てることなんて余裕だし、

   隣の家の換気扇からくる風でその家にタバコを吸う人がいることもわかるし、

   まだ1歳半の甥っ子がトイレをしたかどうかを瞬時にわかります。

   ただ、これもたまに傷で、鼻が敏感すぎて強い匂いを嗅ぐと具合が悪くなる

   という欠点も。人には気にならない匂い、気づいてすらいない匂いでも、

   自分には強烈に感じることがある。これがまた、理解されないのも辛い。

 

 2 耳が良い

   耳の良さも自信あります。

   耳栓をしようが、ヘッドホンをしようが、周りの音はちゃんと聞こえます。

   遠目で話をしている人の会話内容も聞き取れるくらいの地獄耳。

   でも、やっぱりこれにも欠点があって、夜中に水道から水滴が落ちる音で

   目が覚めたり、カラオケに行こうものなら、音量を下げないと耳が痛くなり

   まともに歌えない。

   最近では、ノイキャン機能付きのヘッドホンを使って、聞きたくない音を

   聞かないようにしてます。本当、すごいですね、ノイキャンって。

 

 3 心が読める

   正確には、推理した結果、相手の思考を予測することですが、

   周りの人からすれば、「心を読まれている」ような気がするとか。

   「え?なんでわかったの?」と驚かれるならまだいいのですが、

   たまに気味悪がられることも・・・。

   口は災いの元というように、相手の考えがわかっていても、相手が

   それを自分で言うまで待つなんていう空気の読み方をしないといけない。

   これも、他の人にはなかなか理解されない・・・。そりゃそうか。