水景の雑記帳

雑談多めの「深く考えない脊髄反射的な」ブログ。ほどよい息抜きに。

道民あるあるだといいな

 

 私、水景の「最も苦手な事」。それは、水泳。

 いわゆる「金槌」な私ですが、ちょっとだけ言い訳すると、

 北海道民には「海水浴」の習慣がほぼありません。聞くところによると

 「泳げない人」は北国に多いらしいとか。

 

 ある時、「泳げるようになりたいな」とトレーニングジムやプールに

 通ってみたのですが、ここでも致命的な欠点が・・・

 私の体の姿勢は「反り腰」と呼ばれる姿勢でして、イメージ的には↓

反り腰のイメージ図

 こんな感じ。それで泳ぐと、どうなるか。水泳が得意な方ならおわかりかと。

 この「反った部分」に水圧がかかり、体が沈んでいくわけです・・・

 平泳でも、クロールでも、「反った」瞬間、沈没する。

 いくら姿勢を正そうとしても、体が硬くて「蹴伸び」すらきつい・・・

 

 その代わりに、スキーやスケートなどの「前傾」を意識する動きは得意。

 いくら反り腰でも、前傾になれば体の重心は安定し、快適に滑走できます。

 夏のスポーツの代表「水泳」はダメでも、ウィンタースポーツには強い。

 北国の人、これ「あるある」な気がしません?