水景の雑記帳

雑談多めの「深く考えない脊髄反射的な」ブログ。ほどよい息抜きに。

ずっと勘違いしてた・・・

 

 私の母は、昔の歌、山口百恵さんのような昭和アイドルとか歌謡曲が好きで、

毎日のように歌っているのですが、母のせいで勘違いしていたことが。

 タレントのヒロミさんの奥様松本伊代さんの「センチメンタル・ジャーニー」を

母はこんな風に歌っていました。

 何かに〜さらわれて〜、あ〜なたに〜だまされ〜て〜

 

 それを子供の頃から聞いていた私は、これが歌詞だと思い、この曲って恋した

ものの、現実は恋した理想とは違っていたという少女の恋愛観と恋してしまった後悔

を歌った曲なんだと思ってました。だから「センチメンタル」(感傷的)なのかと。

 昨日も母はそう歌っていたところ、妹が「歌詞違くない?」と言い、調べると 

何かに〜さそわれて〜、あ〜なたに〜さらわれ〜て〜

が正しい歌詞でした。全然違うじゃねーか!

 しかし、母よりも妹の方がこの曲のことをよく知っていることに驚きでした。

 母は、父と結婚したことを「だまされた」とでも思っているのでしょうか?