水景の雑記帳

雑談多めの「深く考えない脊髄反射的な」ブログ。ほどよい息抜きに。

子育てって体力勝負ってのはマジでガチ

 

 前にも書きましたが、昨年、私の妹にこどもが生まれまして、

現在、1歳半の元気な男の子です。

 その妹と甥っ子が、今日から私の実家に泊まりにきます。

 かわいいし、懐いてくれてるしで、一緒に遊んだり、お風呂に入れたり、

寝かしつけたりするのは、私の仕事。妹も母親ですから、当然、面倒は見る

のですが、たまに実家に帰ってきた時くらい休ませてやろうかなと思って

やっているのですが、おかげで独身ながらイクメン化し、保育士資格も

取ろうかななんてわりとガチで考えてたりします。

 

 そんな甥っ子ですが、「かわいい」だけで済めばいいんですが、

自分で歩く、簡単な単語を話す、大人の手を引っ張って指差しで意思を

伝えるなど色々とできることが増えてくると、彼の活動領域がどんどん広がり、

活発に動き回るようになり、大人は目が離せないので、それに付き合って

遊んだりするわけですが、大人の私の方が先に「もう無理〜勘弁して〜」と

音を上げてしまいます。

 そして、彼の場合、いたずら好きという性格をしていまして、ニヤッと笑うと

要注意。必ず何か企んでます。本当に何をやるかわかったものではありません。

 例えば、私のメガネが気になったらしく、私からメガネを奪い取るとそれを

振り回して「ボキッ」という嫌な音が・・・。真っ二つに折られてしまいました。

一応、強化素材で頑丈に作ってあったはずなんですけどね・・・。

 他にも、お風呂に入れるときは、けっこう動き回るので、私流のやり方は、

甥っ子は立たせた状態で、私が椅子に座り、両足のももでロックして洗うという

風にしているのですが、これがまたけっこう怖いんです。この体勢では、ちょうど

甥っ子の目線が私の股あたりに来るらしく、その、触ってくるんですよ・・・

それも、こどもの指ってまだまだ細いから、ぎゅっと握られると、股関節の間とか、

袋の中に指が食い込んでくるような感じ。男性ならおわかりかと思いますが、

マジで痛いです。

 こんな風に大人を困らせた時に「あ〜、やったな〜」と言われるのが楽しいらしく

悪いびれもせずに「へへっ」と笑って、またやろうとする。そんなことをくり返し

ていると、こどもより先に大人の私の方がダウン・・・こどもの無限とも思える

エネルギーにはいつも感心させられる一方、「子育てってマジで体力勝負だな」と

そんなことを甥っ子から学んでいる私です。

 今日も、おそらくお風呂に入れるのは私でしょう。覚悟しておきます・・・