水景の雑記帳

雑談多めの「深く考えない脊髄反射的な」ブログ。ほどよい息抜きに。

調子が悪い時の症状

お題「自律神経が狂ったと感じる瞬間を教えて!」

 

 私は、コロナ後遺症の影響でうつ病と診断され、現在も治療中です。

そして、自律神経系も漏れなく狂っており、それを抑える薬を飲んでます。

 調子の浮き沈みが激しく、自分でも翻弄されていますが、特に調子が

悪いと感じる時の症状を載せておきます。

 

 1 眠れない

   不眠症は、自律神経が乱れている人に多く見られる症状です。うつ病

  診断される以前の段階ですでに不眠症になっていて、本当に何をしても

  眠れないです。今でも、睡眠剤が処方されていますが、その効き目も

  薄くなってきていて、最近の睡眠の質が落ちているのを実感します。

   また、眠ったとしても、起きる予定時間よりも早くに目が覚めるという

  のも、不眠症の症状です。私は、だいたい7時に起きようと決めているの

  ですが、最近だと4時に目が覚めてそれから布団の中でグダグタしてるので

  朝スッキリ〜なんて感覚は全くなく、「どよ〜ん」と疲れた感じです。

 

 2 忘れっぽい

   何となく、「頭の中がぼーっとする」とか「スッキリしない」という

  感覚があり、「数分前のことも思い出せない」とかけっこうあります。

   自律神経が乱れ、脳の機能が鈍ると、こういう症状が出やすいとか。

 

 3 汗が止まらない

   いわゆる多汗症です。私は、こどもの頃から汗かき体質なので、特に

  気にしていなかったのですが、たとえ冬場であろうと汗が全身から吹き出し

  止まりません。お風呂に入ろうものなら、オールシーズン扇風機の風に

  あたっておかないと、まともに服も着れないくらい。

 

 4 体に力が入らない

   脱力感も自律神経の乱れのサイン。ただ立っているだけでもしんどいとか、

  何となく力が吸われていくような感覚がしたら、要注意。

   また、力が入らないからと言って、栄養ドリンクやエナジードリンク

  飲むのはやめましょう。余計に自律神経が狂います。