水景の雑記帳

雑談多めの「深く考えない脊髄反射的な」ブログ。ほどよい息抜きに。

北海道の銘菓といえば・・・?

お題「故郷(ふるさと)の銘菓」

 

 私の地元、北海道はスイーツ王国です。

 十勝六花亭の「マルセイバターサンド」や「雪やこんこ」、

小樽LeTaoの「ドゥーブル・フロマージュ、苫小牧三ツ星の「よいとまけ」、

札幌石屋製菓の「白い恋人」などなど。

 北海道のお土産品として、どれも有名で人気も高いのですが、私のイチオシは、

千歳Morimotoの「ハスカップジュエリー」。

 

 ハスカップってご存知ですか?「幻のフルーツ」なんて呼ばれるくらい超レアな

フルーツで、北海道の中でも道央地方くらいにしか栽培農家さんがいないそう。

 私の祖父も、退職後はハスカップ栽培をしていて、今では祖父も亡くなったので

もうやっていませんが、その時の枝を実家に持ってきて挿し木で育てています。

 ちなみに、こんな感じの植物です。もう時期も終わってしまったので、来年は

ぜひ時期のハスカップをお見せできればと思います。実は、このハスカップ、祖父の

畑を処分した時にたまたま拾ってきた1本の枝からここまで育ちました。

 

ハスカップ

 毎年、6月末から7月にかけて収穫され、味はちょっと酸っぱめです。生で

食べても美味しいといえば美味しいのですが、ジャムにしたりゼリーにして

お菓子にするとより美味しいです。

 そんな「幻のフルーツ」を使ったお菓子が、千歳市に本店を構えるMorimotoから

販売されている「ハスカップジュエリー」。甘酸っぱいハスカップジャムと甘い

ホワイトチョコをクッキーでサンドしたこのお菓子。めっちゃ美味しいですよ。

ただ、原料が希少なだけあって、超高級品。お値段なんと1個300円。お土産用の

4個入りや10個入りだとそれぞれ1150円、3000円ほど。

 美味しいけれど、あまりに高級なため、地元民でも気軽に味わえません。

お盆になると、私の実家の仏壇にお参りに来てくれた人がこのお菓子をお供え

してくれた日にはもうテンション上がりますね!

 しかし、味は折り紙付きな上、意外とまだ北海道外でこのお菓子の存在を知って

いる人はまだ少ないらしく、私も本州の知り合いに送ったりすると喜んでくれます。

 まだ食べたことない人は、ぜひ「Morimoto ハスカップジュエリー」で検索を!