水景の雑記帳

雑談多めの「深く考えない脊髄反射的な」ブログ。ほどよい息抜きに。

友情パワーってすげーと思った話

 

 昨日の金スマで映画監督の福沢克雄さんの特集をやっていましたが、

何でも30代頃、業界から干されていた経験があるとか。

 周りからけっこう厳しい声が上がったりして、しんどい思いをされたそう

なのですが、これを見て、昔に見たネット記事のことを思い出しました。

 どこで見たのかは覚えていないので、引用元とかは紹介できないですが、

覚えている限りで内容を紹介します。

 

 こちらもアニメ映画監督で有名な庵野秀明さん。

 「エヴァQ」を作った頃にうつ病になったらしく、それはもう大変な目に

遭われたそうです。私も昨年、うつ病になり、今も休職中なので、気持ちがわかる

とまでは言えませんが、確かにうつはしんどいです。

 しかし、そんな大変な中、スタジオジブリ円谷プロ東宝などの大手から

作品を作らないかというオファーがたくさん来たそうです。それぞれの会社の

名作と呼ばれた作品を庵野氏の手でリメイクやオマージュ作品を作ってほしいと。

 庵野氏自身は、自分の体調なども考えて、「やれる自信がありません」と断った

そうなのですが、「どうしてみんな、優しくしてくれるの?」と聞くと、各社とも

庵野さんが好きだから」という答えが返ってきたのだとか。

 これまでに築いてきた関係性あってのことだったのはもちろんですが、

こんな風に「好きだから」というシンプルな理由で励まされたり救われることも

あるんだなと。

 実際に、庵野氏はその後、「風立ちぬ」や「シン・ゴジラ」などの制作に参加

しているのだから、やっぱり友情パワーってすげーと思いました。