水景の雑記帳

雑談多めの「深く考えない脊髄反射的な」ブログ。ほどよい息抜きに。

地図が読めないんです・・・

お題「とんでもない方向音痴のエピソード」

 

 今やカーナビやスマホの地図アプリの存在は当たり前ですよね。

 しかし、私はこうしたナビを使っても目的地に辿り着けないくらいの

方向音痴なのです・・・

 

 例えば、京都とか札幌のような碁盤の目状に区画整理された街だと

まず歩けません。だいたいの人は「わかりやすい」と言いますが、

私からすればまさに迷宮そのものです。

 私の言い分としては、「行けども行けども交差点に曲がり角で、どこで

曲がって良いやらわからない」のです。たとえナビが「目的地周辺です」と

言おうとも、「ここでナビ終わるな〜〜!!」と言いたくなります。

 人に聞いても、だいたいが「建物基準」で教えてくれるのですが、肝心の

その建物がわからないから迷っているんだと思ってしまいます。

 しまいには、碁盤の目状の区画であることを忘れ、「迷路は壁に手をついて

歩けばいずれは出られる」の精神でずっと同じブロックを何周も歩き、

「あれ?さっきもここ来なかった?」と迷い、結局、目的地に辿り着くことも

できず、何もしないまま帰宅するなんてこともありました・・・お恥ずかしい。