水景の雑記帳

雑談多めの「深く考えない脊髄反射的な」ブログ。ほどよい息抜きに。

集中力が切れたときすること

お題「集中が途切れたときにはこれをする」

 

 集中力が切れたときに私がすること5つ。

 

 1 洗顔・歯磨き

  顔を洗ってリフレッシュするという人もけっこういるかと思いますが、

 私の場合、ただ水で洗うのではなく、洗顔フォームでしっかり洗います。

 さらに、歯磨きをすることで、口の中もすっきり。

  集中して何かをしている時は、血中にコルチゾールという1種のストレス

 ホルモンが分泌されていて、そのおかげで人間は「やる気モード」になれる

 のですが、分泌過剰になると交感神経が刺激されて、発汗や筋肉の緊張など

 を招き、体質によっては「ストレス臭」という体臭がする人も。

  集中すればするほど、汗が出やすくなったり、口が乾いたりして、

 その不快感が集中力を切らす原因になる場合もあるので、洗顔+歯磨きで

 顔の汗を取ったり、口の中をキレイにすることでリフレッシュできます。

 2 5分間瞑想

  本当に瞑想しているわけではなく、ぼーっとするだけです。

 窓の外を見て「今日はいい天気だな」と思いながらでもいいし、天井の

 シミの数を数えながらでもいいし、本当に5分間である必要もなく、

 それが2分間だろうと10分間だろうと、ちょっとセットポジション

 外すだけ。

  私は、喫煙者なので、タバコを吸いながら、ぼーっとすることが多いです。

 3 ガーデニング

  ガーデニングと言えば、おしゃれっぽいですが、実際にやっているのは

 家庭菜園の管理と雑草抜きです。けっこう単純作業が多いので、何も考える

 必要はなく、ただそれをやっているだけで頭を休めることができます。

  単純作業なら何でも良いので、やってみては?

 4 酸素吸入

  スポーツ用品店にある酸素ボンベ。これを吸うだけです。

  集中すると、脳が酸素を多く必要とするので、酸素供給量量が少なくなると

 脳は「疲れた」と認識します。そこで、酸素を吸って脳に酸素を与えると、

 すっきりします。(いけないガスとかじゃないですよ?)

 5 潔く諦める

  最終手段。あっさりと諦める。

  これは、集中していた何かが、仮に今日止めたとして、明日以降に

 あまり深刻な影響がないであろうと判断した場合の話です。

  締切が近い仕事を抱えているとか、今日中にどうしても完成させないと

 やばいという理由がないのなら、「今日はもうや〜めた」と潔く止めましょう。

  その後の過ごし方は、ゲームしようが本を読もうが昼寝をしようが何でも

 良いので、明日につながるエネルギーの充填時間だと思って休みましょう。