水景の雑記帳

雑談多めの「深く考えない脊髄反射的な」ブログ。ほどよい息抜きに。

「撃っていいのは、撃たれる覚悟がある奴だけだ!」

 

お題「大人になってから好きになった漫画orアニメ」

 

 コードギアス〜反逆のルルーシュ〜第1話。

 主人公ルルーシュランペルージが言い放ったこの一言。この直後に、ギアスを

初めて発動して敵を一掃したこの瞬間から、ルルーシュの戦いが始まり、そして、

悪逆皇帝ルルーシュとなってまで彼が成そうとした理想の世界を体現するための

ストーリー。そして、福山潤さんのボイスとこれぞまさに厨二病という感じの性格。

 ルルーシュの性格が性格だけに、一度見ただけでは理解が追いつかないくらいに

ひねくれた作品ですが、このセリフには刺さるものを感じました。

 ガンダム系の作品に多い「たまたま居合わせただけで、戦いに巻き込まれていく」

タイプの作品は多く見てきましたが、「初めから覚悟を決めて、自ら戦いに行く」

というのは、けっこう斬新でした。

 

 人間っていざとなると保身に走るケースが多いですが、こんな風に堂々と

覚悟を決めて、そこに潜むリスクも承知の上で行動を起こすことができる人間

というのはなかなか魅力的だと思います。

 まぁ、アニメだから格好良く見えているだけで、実際にこんなこと言う人が

いたら、私なら「やべー奴だな」と思ってしまいそうです・・・