水景の雑記帳

雑談多めの「深く考えない脊髄反射的な」ブログ。ほどよい息抜きに。

小説・読書

時間に対する不寛容さ

私が高校生の頃に読んだある小説のあとがきに書いてあった言葉が ずっと頭から離れずにいたのですが、 特に、最近になって、脳裏によぎるようになってきました。 その小説のあとがきには、こんなことが書いてありました。 (原文通りではないと思いますが、…

短編集ってすごくお得感があって好き

今週のお題「最近読んでるもの」 私は読書は好きな方で、特に小説が大好きです。 好きな作家さんもいっぱいいるのですが、特にお勧めしたいのは アンソロジーと呼ばれる「短編小説集」形式の本です。 アンソロジー系の本は、 複数の作家さんがそれぞれのテー…

モノには魂が宿る。そんなお話。涙腺崩壊必至!!

お題「大好きな絵本は何ですか?」 「ハルカと月の王子様」という絵本。 YOASOBIさんの「ハルカ」という曲の元ネタになったとも言われているこの絵本。 ざっくりしたあらすじは、こんな感じ。 始まりは、当時14歳だったハルカという少女が、とある雑貨屋で…

本は「探す」ものではなく、「出会う」もの

お題「本の探し方どうしてる?小説でも新書でもしばらくハマった作者に飽きたり、作品をすべて読んでしまったりした時。次の本をどうやって探してますか?」 私は小説好きで、好きな作家さんもけっこういます。 伊坂幸太郎さん、米澤穂信さん、青山美智子さ…

私が唯一涙した本

お題「泣ける本を紹介してください。」 私は小説を読むのが好きで、けっこうな数の作品を読んできました。 その中でも、唯一、私を泣かせた本を紹介します。 『君は月夜に光り輝く』 佐野 徹也著(メディアワークス文庫) あらすじをざっくり説明すると、 「…